痒い所に手が届く【ユーティリティ系】jsライブラリ10選

2020-06-08

今回は、「あんなことがもっと簡単にできれば良いのに。。」というような痒い所に手が届く【ユーティリティ系】jsライブラリをまとめてみました。

shave.js

指定された「max-height」まででテキストを切り捨てることができるライブラリ。CSSだと1行の場合は寒天に切り捨て3点リーダーにできますが、このプラグインでは複数行を3点リーダーにできるので便利です。

ダウンロードは以下から

MITライセンス

imagesLoaded

画像の読み込みイベントを取得するライブラリです。 オプションで「画像が全て読み込んだら〜」「全ての画像正常に読み込まれたら〜」「画像の読み込みに失敗があったら〜」などが指定できます。 jQueryプラグインとして使用することもできます。

ダウンロードは以下から

MITライセンス

isMobile.js

モバイル端末を判別する時に便利なJavascriptライブラリです。

ダウンロードは以下から

MITライセンス

使い方はこちらから

smooth-scroll.js

ページ内のアンカーリンクのアニメーション化できるプラグイン。 jQuery無しで対応できる点が○

ダウンロードは以下から

MITライセンス

List.js

リスト、テーブルなどの要素に、【検索、並び替え、フィルターがけ】を実装することができます。

ダウンロードは以下から

MITライセンス

Cleave.js

日付や電話番号などの入力フォームコンテンツを自動的にフォーマットすることができます。

ダウンロードは以下から

Apache-2.0ライセンス

parsley.js

【parsley.js】はフォームのカスタムバリデーションを作成できるJSライブラリです。【jQueryが必要です】

ダウンロードは以下から

MITライセンス

Voca.js

【Voca.js】は簡単に文字列操作することができるライブラリです。 大文字小文字の変更やトリム、切り捨てなどの機能が提供されています。

ダウンロードは以下から

MITライセンス

Chart.js

「Chart.js」はCanvasを使用したグラフ/チャートを描画するJSライブラリです。グラフ用のデータを用意すれば、折れ線グラフや棒グラフ、円グラフなど様々なグラフを描画することができます。

ダウンロードは以下から

MITライセンス

使い方は以下から

Fetch failed: 404 リンクエラー

最後に

以上今回は、「あんなことがもっと簡単にできれば良いのに。。」というような痒い所に手が届く【ユーティリティ系】jsライブラリをまとめてみました。